ドックベストセメント

削らない虫歯治療

ドックベストセメント治療とは

現在の虫歯治療は、多くの場合、虫歯はもちろんのこと、健康な歯も削って治療をしています。それは詰め物を入れたり、かぶせて治したりするために必要だからそのような治療になっているのです。

しかし、削った歯はもとにはもどせません。削った部分が多ければ多いほど歯は弱くなっていきます。また、ほとんどの場合、削って治した歯がまた虫歯になっていきます。

その理由は、顕微鏡レベルで歯を見てみると、削った歯の部分の周りには、ひびがいっぱいできてしまっているからです。この微小なひびの中には細菌が侵入してしまいます。その結果また虫歯になってしまうということです。

ドックベストセメント治療では、なるべく歯を削りません。全く削らないで治すことも多いです。

具体的には、虫歯を削って治すのではなく、鉄と銅を主成分にした殺菌力のあるドックベストセメントを、虫歯に塗り込んでいきます。その結果、その虫歯は殺菌され、徐々に再石灰化という現象により、カチンコチンに硬くなって治癒していきます。

殺菌され、再石灰化した虫歯部分は無害なものになるので、削る必要がありません。その結果、削らなくてすむ治療ができるというわけです。

 

ドックベストセメント治療のメリット

  • 余分な歯を削らないで治療することができる。
  • 神経を取らなければならないむし歯でも、神経を残して治療できる確率が上がる。
  • 軽い治療になるので、歯の寿命を長くすることができる。
  • 治療時間・治療回数が少なくなる。
  • ドックベストセメントは殺菌力が強いため、むし歯の再発がしにくい。
  • 薬アレルギーがある方でも安心して治療することができる。

デメリット

ドックベストセメント治療のデメリットは保険が効かないことです。

 

ドックベストセメント治療は、ただ虫歯を削らないで治すという治療ではありません。

虫歯になるには必ず虫歯になる原因があります。その原因にアプローチして、根本的に虫歯にならないようにしていきます。口の中と、体全身は、別のものではなく密接に相関関係があります。

つまり、口のなかだけ健康で、体全身がボロボロとかあるいはその逆というのはありえないのです。そのため、ドックベストセメント治療をしていくと体全身の予防につながっていきます。

もうそろそろ歯をダメにする削る治療はやめにして、真の健康につながる予防法をはじめませんか?

詳しくはこちらもご覧ください。↓※外部サイトへリンクします。

ドックベストセメント研究会

PAGE TOP