歯周病治療

ホーム > 診療内容 > 歯周病治療

歯周病とは?

歯周病には日本人成人の8割程度がかかっていると歯科疾患実態調査では報告されています。歯周病の進行度は下図のようにプローブという器具で歯周ポケットの深さ、出血の有無、そしてレントゲン写真から診断します。

歯周病もむし歯と同様、歯周病菌がいるだけでは発症しません。様々な心理的なストレスによる免疫力の低下や喫煙・お酒などの生活習慣、糖尿病などの全身的な疾患が重なることによって発症します。細菌数、生活習慣、全身の健康度は一人ひとり異なります。

位相差顕微鏡による歯周病細菌検査

歯周病菌を観察するときには顕微鏡を使いますが、細菌は無色透明なので、普通の顕微鏡でははっきりと見ることができません。
当院では、位相差顕微鏡という無色透明な細菌のコントラスト(明暗)を強くして、はっきりと見えるように特殊な加工がされている顕微鏡を使って検査します。
顕微鏡で見ることで、生きた状態でリアルタイム画面で見ることが出来るので、現在の菌の状態を確認し、どういった治療法を行なうのがベストか正確に判断することができます。

歯周病の治療

歯周病は、一連の治療が終わったあとも、メインテナンスを続けていく必要があります。そして、継続的にメインテナンスをすることで歯周病の進行を止め、かつ予防することもできます。

1.歯肉炎

歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、3mm程度です。

■治療方法

ごく軽度の場合は、正しいブラッシングで改善することがあります。歯並びやみがき方のクセなどを踏まえた正しいみがき方をお話しします。

2. 軽度歯周炎

歯を支える骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。

■治療方法

歯に付着したプラーク・歯石を取り除くスケーリングという処置を行います。

3.中等度歯周炎

歯を支える骨の半分くらい溶けた状態。
歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。

■治療方法

麻酔をし、歯周ポケットの深い部分に付着した歯石を掻き出します。スケーリング・ルートプレーニングで取りきれなかった歯石を取り除きます。

4. 重度歯周炎

歯がぐらつき歯ぐきが下がり歯根が露出したり、膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と深くなります。

■治療方法

歯ぐきを切開してめくり上げ、歯石を除去する外科手術を行います。歯根部を露出させ、歯根表面にこびりつく歯石や汚染された歯周組織を取り除き、縫合します。

ページトップに戻る