矯正歯科

ホーム > 診療内容 > 矯正歯科

矯正治療とは

矯正歯科とは、歯並びをきれいに整える治療です。 今は治療器具の開発が進み、プラスチックを使用した比較的目立たない矯正器具や、透明なマウスピースを使用した矯正、また、歯の裏側に矯正器具をつける目立たない矯正などがあります。

以前に比べ、選択の幅が格段に増え、矯正治療に踏み出すハードルはずいぶん低くなっています。矯正することにより、口周りの見栄えや顎にかけてのバランスも美しく整います。

矯正歯科の専門医により治療を行います。
どうぞお気軽にご相談ください。

矯正歯科の症例

歯がデコボコ、ガタガタ(叢生)が気になる

歯がデコボコ・ガタガタに生えている症例を「叢生(そうせい)」と言います。叢生は歯の大きさに対してアゴの大きさが小さくアンバランスなため、歯が凸凹に生えたり、重なり合って生えてしまっている状態です(八重歯も叢生の一種です)。

歯のすきまが気になる(すきっ歯)

歯と歯の間に隙間がある症状「すきっ歯」を「空隙歯列」と言います。空隙歯列には、前歯2本だけ開いている場合や、歯全体が開いている場合など、さまざまな状態があります。前歯の間に隙間がある症状を『正中離開(せいちゅうりかい)』といいます。

歯が前に出ている、出っ歯(上顎前突)が気になる

「出っ歯」は正式な名称を「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」と言います。咬み合わせが悪いため咀嚼しづらく、顎の関節に負担を強いる噛み癖がついてしまい、歯が折れやすくもなります。また、笑った時に歯ぐきが目立ったり唇が閉じにくい等があります。

下の歯が前に出ている、受け口(下顎前突)が気になる

下の歯列が上の歯列に対して前の方にある咬み合せを、「下顎前突(かがくぜんとつ)」と言います。前歯の咬み合わせが上下逆になっている状態を、「反対咬合(はんたいこうごう)」、一般的には「受け口」と呼ばれている症状です。受け口は、下顎の骨が発達し過ぎて前に突き出してきている、または上顎が小さすぎる場合に起こります。

矯正歯科の技術

プラスチブラケット

プラスチックブラケット

1.表側につける一般的な装置です。

2.金属ではないので目立たない矯正装置となっています。

3.表側につける一般的な装置です。

裏側矯正

リンガルブラケット(裏側の装置)

1.見えない歯の矯正です。マルチブラケット装置が歯の裏側につきます。

2.表からは見えないので、目立たない治療を希望される方におすすめです。人前で大きく笑うことも可能です。

マウスピースタイプの矯正

リンガルブラケット(裏側の装置)

1.透明なマウスピースタイプの矯正装置です。

2.2週間ごとに新しいマウスピースにご自身で交換してもらいます。

3.食事及びブラッシング時に外していただきますので、とても衛生的です。

4.目立たない治療を希望される方におすすめです。

ページトップに戻る