嚙み合わせ治療(JSC療法)

ホーム > 診療内容 > 嚙み合わせ治療(JSC療法)

JSC療法~噛み合わせ治療の最先端

歯の噛み合わせが悪い状態は、口内環境が低下し虫歯になりやすいだけでなく、顎や頭蓋骨の歪みにより「肩こりがひどい」「腰が痛い」「体がだるい」など体の不調にも影響することがあります。

JCS療法とは、歯の噛み合わせを調整し、呼吸位をを整えることで、人間が本来もっている自然治癒力を高め、口腔内だけでなく体全体を健康に導く治療方法です。お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

JSC療法の特徴

JSC療法においてもっとも重要視されているのは、睡眠時の無意識下での『呼吸を求めようとする顎の動きである』です。就寝時の呼吸を求めるエネルギーは、昼間の意識下で出す力とくらべると数倍ものエネルギーを持っています。このエネルギーが嚙み合わせのズレにより、顎や頭蓋骨の歪みを引き起こし歯や全身に悪影響を及ぼします。

睡眠時の呼吸環境を整え、歪み・ひずみのない体に戻していく。睡眠時の自然治癒力を最大限に活かすために開発された療法です。

ページトップに戻る