インプラント

ホーム > 診療内容 > インプラント

インプラント治療

インプラント治療とは、失った歯を取りもどし噛めるようにする治療です。自然の歯根の代わりをする人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上からセラミック製の歯冠をかぶせることで、自然の歯に近い環境を実現しています。

入れ歯やブリッジと異なり隣の歯を削って負担をかけることもなく、自分の歯と同等の強い力で違和感なく噛むことができます。きちんとメンテナンスすれば長く使うことができます。

インプラント治療の流れ

インプラント治療が行えるか診断いたします。歯茎の状態や身体的な健康状態を診査し、インプラント治療が行えるようであれば、インプラント治療の詳しいご説明をいたします。

  1. 1.
    カウンセリング

    インプラント治療が行えるか診断いたします。歯茎の状態や身体的な健康状態を診査し、インプラント治療が行えるようであれば、インプラント治療の詳しいご説明をいたします。

  2. 2.
    治療計画

    CT撮影を行い骨の厚みや密度などを調べます。これによりインプラントのサイズや埋入の深さや方向を決定します。治療計画が決定すれば、インプラントの手術に入ります。

  3. 3.
    インプラント
    埋入の手術

    歯の根っことなる部分、インプラントの部品(フィクスチャー)を顎の骨に埋入します。
    通常インプラントと骨が結合するまでに約3ヶ月〜6ヶ月要します。その後、上部構造(かぶせもの)を装着いたします。埋入後すぐに上部構造(かぶせもの)を装着したいという患者さまには、仮の歯を入れる場合がございます。

  4. 4.
    人口歯を装着

    約3ヶ月~6ヶ月後インプラントが骨と完全に結合した事を確認し、最終的な人口の歯(上部構造)を製作いたします。骨と結合したインプラントにアパットメントを取り付け、製作された人口の歯(上部構造)を取り付けていきます。

  5. 5.
    メインテナンス

    インプラントを装着後は長持ちさせるため、メンテナンス(検診)に定期的に通っていただく必要があります。
    インプラントには神経がないため、インプラント周囲炎になったとしても自覚症状はほとんどありません。インプラントの状態、歯肉・顎の骨の状態、咬み合わせのチェックと、定期的にクリニックで検診と専門医によるケアを受けて下さい。

ページトップに戻る