小児歯科

ホーム > 診療内容 > 小児歯科

お子さんのうちから虫歯予防

お子さんの歯は、むし歯にさせないことがまず重要です。
うっかり虫歯になってしまったら、早期治療で、以後、なるべく虫歯にさせないような日常的なケアが大切になります。虫歯が1本も無いときから受診していただき、定期検診やフッ素塗布、正しい歯磨きの仕方の指導を受けて、私たちと一緒にお子さんの虫歯ゼロを目指していきましょう。

もしも虫歯になってしまったら

当院では痛いことや音に敏感なお子さんのために、麻酔を使用したり、極力削らないような治療方法を選択しています。乳歯の虫歯でも「そのうち永久歯に生え変わるから」と治療しないでいると、永久歯に悪い影響を及ぼすことがあります。放置せずに予防・治療を受けるようにしてください。

お子様のための予防処置

フッ素塗布

フッ素塗布

虫歯予防に非常に効果を発揮するのがフッ素コーティングです。
自然治癒力で知られる再石灰化を促進し、むし歯に対して強い抵抗力を持った歯質にしてくれます。歯を溶かす酸を作りにくくしてくれる働きがあります。

「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」に、予防効果が大きいとされており定期的な塗布をおすすめします。

シーラント

シーラント

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできるむし歯の予防法です。奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めることにより、永久歯をむし歯から守ります。(乳歯にすることもあります)

生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は、特にむし歯になりやすいので有効です。

小児矯正

小児矯正

子供の時期から行うことによって、よりよい治療結果につながります。こうの歯科・矯正歯科では、将来的にアゴが正常に発育するよう誘導いたします。

お口の状態により治療開始時期や治療目標が異なりますので、一度診察を受けることをおすすめします。

ページトップに戻る