口腔外科

ホーム > 診療内容 > 口腔外科

口腔外科とは

あまり馴染みのない方がほとんどだと思いますが、口腔外科では、一般歯科では扱わない疾患や難しい治療・抜歯などを行います。

治療内容としては、埋まっている親知らずや口内炎の治療から顎関節症の治療まで様々です。診断結果をもとに患者さまとよく話し合い、治療方針を決めご納得いただいてから治療を進めていきます。

口腔外科の処置

  • 一般歯科では困難な部位の抜歯
  • 親知らずの抜歯・埋まっている歯の抜歯
  • 舌や唇や歯茎のできもの、膿疱などの摘出と切除
  • 歯の移植・再植
  • インプラントの除去
  • 歯をぶつけてしまって折れた・唇を切ったなどの外傷

口腔外科の治療例

親知らず

親知らずがあるからといっても痛みや腫れを起こさない状態、他の歯に影響を与えない状態であれば、抜かずにそのままにして様子を見ることになります。しかし、埋まってしまっていたり、斜めにはえていると下のような症状がでる場合があります。

  • 炎症を起こし腫れや痛みが出る
  • 歯磨きがうまくできず周囲の歯までも虫歯や歯周病になってしまう
  • 全体の歯並びに影響を及ぼし、噛みあわせが悪くなる

抜くのが困難で専門的な術式が必要な症例も当院で治療することができます。
まずはお気軽にご相談ください。

顎関節症

歯ぎしり・くいしばり・咬みあわせの異常などにより、関節や周りの筋肉に過度の負担がかかり、口の開け閉めに違和感があったり、音や痛みがある症状です。
噛み合わせの調整やマウスピースなどを使用して治療していきます。顎関節症は早期だと、簡単に治るケースもありますが、放っておくと慢性化し治りにくいので早めに受診しましょう。

ページトップに戻る