一般歯科

ホーム > 診療内容 > 一般歯科

一般歯科とは

虫歯の治療、歯のかぶせもの、さし歯、入れ歯など一般的な歯科治療を行います。健康な歯は虫歯にならないよう予防し、虫歯は早期発見を目指し、極力歯は抜かずに健康な歯を末永くお使い頂けるよう診療いたします。

お口の中のお悩みは、患者様ひとりひとりで異なります。当院では、丁寧なカウンセリングと診療を心がけ最良の治療をご提供できるようスタッフ一同、日々努力いたしております。

むし歯は進行状況によってCO〜C4の5段階に分けられます

CO 初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が浅く溶け、白くなっている状態です。ごく初期の段階で、穴は開いておらず見た目はほとんどわかりません。

治療方法

削らずに適切な歯磨きと、フッ素とキシリトールを併用して再石灰化を促します。元の健康な歯に修復されていくよう経過観察をします。

CO1 エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。小さな穴があき茶色または黒色に変色します。痛みがなく、ついつい放っておきがちです。

治療方法

最小限だけ削ってプラスティック(レジン)でつめます。むし歯の部分が残っていると、そこからまた再発するのできれいに取り除く必要があります。

CO2 象牙質の虫歯

冷たいものや熱いものがしみるようになります。象牙質はエナメル質に比べ軟らかくむし歯の進行が早いので注意が必要です。

治療方法

むし歯を全て取り除き、プラスチック(レジン)を詰めます。むし歯になっている部分が大きく削った歯質が多い場合は、歯型をとって金属や白いつめ物で修復します。

CO3 神経(歯髄)に達した虫歯

むし歯が象牙質の内側の神経に達したものです。激しい痛みにおそわれます。

治療方法

神経を取った後、根の中にお薬をつめて時間をかけて神経の中を消毒します。神経を取った歯はもろくなりますので、土台を立てクラウンなどのかぶせ物をします。

CO4 歯質が失われた虫歯

歯の大部分が無くなり、根の部分だけが残った状態です。根の先に膿がたまると、痛みを伴うことがあります。

治療方法

この段階になると治療が難しく、部分的に残った歯をいかしてかぶせ物の土台にできる場合もありますが、むし歯が大きい場合は抜歯になってしまうこともあります。 抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ、入れ歯などで補うことになります。

ページトップに戻る

快適な入れ歯で美味しくお食事を

「入れ歯がすぐに落ちる」「入れ歯が合わない」「硬いものが食べられない」「入れ歯の見栄えが悪い」など入れ歯でお困りの方はたくさんいらっしゃると思います。

しかし、あきらめないでください。噛みしめる、食事を味わう、喋る、笑う、など入れ歯は身体の大切な一部となります。当院では、患者さまにあった快適な入れ歯をご提案いたします。

入れ歯の材質

レジン床

歯ぐきに接する床部分にレジンを使用した入れ歯です。
保険が適用されるため、費用を抑えてつくることができます。入れ歯に厚みがあるため、装着時に違和感が生じやすく、発音しづらい場合もあります。

金属床

入れ歯の床の部分が金属でできている入れ歯です。
レジンなどのプラスチック素材に比べて薄くつくることができ、金属なのにレジンと同じくらい軽いです。装着時の違和感も少なく、食べ物や飲み物の温度を感じやすくなるのがメリットです。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは金属のバネを使わない、保険外の入れ歯のことです。歯ぐきの色に近い半透明の素材でできており、バネがないため見た目が自然で、小型で装着感が良く、入れ歯と気付かれることが少なくなります。「生活に不便がなくなった」という声が最も多く、満足感が高い義歯です。

ページトップに戻る