ドックベストセメント療法

ホーム > 診療内容 > ドックベストセメント療法

歯を長持ちさせるドックベストセメント療法

ドックスベストセメント(Doc’sBestCements)とは、アメリカで開発された治療法で、今までの「むし歯を削って治す」という方法ではなく、薬を使って”虫歯菌を殺菌して治す” という画期的な治療法です。初期の虫歯はドックベストセメントは必要ありませんが、中等度の虫歯は、ドックベストセメント療法が可能です。

歯を削らない・痛みを少なく・神経をとらない治療を目指して

一般的な虫歯治療と違い、ドックベストセメント療法は必要以上に歯を削らないので、痛みを感じないことがほとんどです。

虫歯の神経を取ると一般的に歯の寿命が短くなると言われていますが、時間のかかる高度の虫歯治療と異なり短時間、短期間で治療を終わらせると共に、大切な歯を削る量が非常に少なく歯を残す可能性が飛躍的に高くなります。また、ドックスベストセメントを使用した部分は、永続的な殺菌効果が期待できます。

神経に達していない中等度の虫歯の場合でも、ドックベストセメントを塗布し硬化させ、虫歯菌を殺菌する為、通常2~3回と少ない回数で治療を終わらせることができます。

お薬ではないので、アレルギーのある方にも安心して使用できることや、ほとんどの治療で麻酔が必要無いこと等、これまでの治療にくらべていくつかの優れた特徴があります。(ドックベストセメントは保険適用外です。)

当院はドックベストセメント認定医により治療を行います。
お気軽にご相談・お問い合わせください。

新しい虫歯治療ドックベストセメント療法 動画案内

ページトップに戻る